自信を取り戻せるフィンペシア

具体的に解説しますと、フィナステリドが持っている抗アンドロゲン作用によって、体内に影響する還元酵素の5α-リダクターゼの活動を阻害させ、抜け毛ホルモンとも呼ばれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されるのを防ぐ成果があります。

 

とはいっても、これらの副作用は、プラセボ(疑似薬)を使用したケースに現れる副作用の確率と実のところには殆ど変わらないのです。

 

フィナステリドの副作用発症率についてですが、それほど高いワケではないのですが、国内で実施された臨床試験におきましては、全部の6%程度に性欲減退、胃部不快感などといった副作用が認められたそうです。

 

フィナステリドというのは、元来ははドクターの処方箋が必ずに必須となる医薬品であるため、人によりましては、服用する事で副作用を引き起こしてしまう事があります。

 

この事から、実のところにはそれほど副作用の気がかりは不要なと言ってもいいでしょう。

 

フィンペシアというのは、あの有名なAGA治療薬であるプロペシアと同じで、フィナステリドが配合されており、1錠あたりに1mgであり、見込み可能な影響はプロペシアとほぼ同じのようです。

 

DHTの増加を抑制する事が可能なら、毛包の萎縮が引き起こしにくくなり、正常な太さと硬さを併せ持つあるべき姿的な髪の毛が生えやすくなるのです。