自信を取り戻せるフィンペシア

フィナステリドの成果については、6ヶ月ほど経過を観察してみないと成果があったのか無かったのか分からりませんので、焦り過ぎないようにご用心ください。

 

フィンペシアというのは、インドに本社を置くシプラ社(Cipla)と呼ばれる巨大資本製薬法人が製造と提供を行っており、こちらの薬はフィナステリドを1mg含有されたアイテムしか取り扱っていません。

 

副作用につきましても、同じくの事が言えるでしょう。

 

この事から、はじめに0.2mgからフィナステリドのある暮らしをスタート出来たい方もフィンペシアでしたら問題無いかと考えます。

 

他にも、フィナステリドの副作用がかなり際立つ人も使用する事例があります。

 

AGA治療薬のプロペシアというのは、日本国内におきましてはMSD株式会社から提供されており、1錠あたりのフィナステリド量を0.2mg配合されたアイテムと、1mg配合している商品の2種類があります。

 

1mgのプロペシアの方が当たり前ですが成果は大きくなっており、0.2mgのアイテムはフレッシュな世代の人、いわゆる若ハゲや初期のAGAの人がだいたい服用しています。

 

0.2mg配合のフィンペシアは影響しませんが、ピルカッターなどを使って4分割か5分割に割ってしまえば、その代わりにする事が出来ます。

 

普通にプロペシアの服用で副作用が強く出てしまう人のケースは、フィンペシアでも同じように副作用が出てきます。